Q.お客さんが「お金を払うから個人的にサービスして」と言ってきた

A:一部のお客さんの中には風俗店を介さずに直接女の子にお金を払ってサービスを要求する人がいます。
この「取引」には双方にメリットが存在するので応じる女の子は少なくありません。

【女の子側】
・お客が支払ったお金が全て自分の取り分になるので利益が大きい(風俗店に取られる分がない)
・不特定のお客を相手にするより肉体的・精神的に楽

【お客側】
・値引き交渉がしやすい(風俗店に交渉は基本無理)
・禁止事項のサービスも言いやすい

などが挙げられます。
双方にメリットがあるのでいいことじゃないか、と思いがちですがそうでもありません。

こういった関係が出来上がったすぐはまだいいのですが、だんだんと男性側はマンネリを感じるようになります。
そうなるとずっと同じ料金を支払うのが損に感じてきます。
通常店を介して利用する場合には値下げなどはできないのですが女の子相手には言い出しやすい。
女の子側にしてみると最初は全部自分のお金になって喜んでいてもその額がだんだん減ってきます。
その上、無理な要求・サービスを止めてくれていた店の存在・後ろ盾もないので断り難くなり言いなりになりやすいのです。

風俗店から雑費などいろいろなお金を経費として取られて不満に思うこともあるでしょう。
だからと言って個人取引をしだすと風俗店が担っていた重要な役割「女の子を守る」というもののありがたみに少し気づくでしょう。


inserted by FC2 system